いびき対策枕をご紹介。いびき枕の厳選ランキングトップ5

いびきの音は本人以外にとっては迷惑極まりない音ですから、寝室を共にしているパートナーや家族にとってはまさに睡眠妨害そのものですよね。

 

しかし、睡眠中のいびきはひどくなるといびきをかいて寝ている本人にも悪影響があり、放置しておくと病気になってしまうこともあります。

 

いびき対策として寝具を変えることも有効で、特に枕はいびき防止のための専用枕があるほどです。

 

いびき枕と一口に言っても材質や形状は様々です。

 

このページでは、口コミで評判の良い枕を厳選してランキング形式で紹介しています。

 

この機会にいびき対策として枕を変えてみてはどうでしょうか?

 

いびき防止の為の枕の選び方まとめ

いびき防止専用枕は、一般的な枕に比べてユニークな形をしており、メーカごとにかなり形状が異なります。

 

ですから、実際選ぶとなるとどの枕が自分に合っているのか迷ってしまいます。

 

まず、専用枕の選び方を3つのポイントにまとめましたので購入する際の参考にしてみてください。

 

  1. 高すぎず低すぎない枕を選ぶ
  2. いびきを防止するための枕選びで一番心がけたいポイントは枕の高さです。

     

    いびきの原因は口腔内から喉にかけての気道が狭くなることです。

     

    睡眠中は全身の筋肉にゆるみが生じている為、舌が落ちやすく気道を狭くしてしまいます。

     

    気道をしっかりと確保できるように頭から背骨にかけての滑らかなカーブを維持できる高さの枕を選びましょう。

     

  3. どんな寝姿勢でも対応できる幅の広い枕を選ぶ
  4. 人によって寝姿勢は仰向け、頭の左右をどちらか横にする、うつ伏せとそれぞれ異なる為、どんな寝姿勢にも対応できる枕を選びましょう。

     

    特に頭を横にして寝る時に頭が枕から落ちてしまうのはNGです。

     

    ですので、幅の広い枕が最適です。

     

  5. 頭の重さを支え、かつ分散できる素材を使用している
  6. 枕に使われている材質もチェックをしましょう。

     

    いびき防止専用枕にはウレタンが主に使用されていますが、

     

    ウレタンの硬さが工夫されており、頭にフィットしやすく頭の重さを分散してくれるように工夫されています。

     

    頭が枕にフィットしていると、気道を確保しやすい体勢になる為、いびき対策としても理想的な枕と言えます。

 

いびき防止枕のおすすめをランキングにしました

 

YOKONE2

価格:14,000円

全額返金保証付

送料:無料

大手ショッピングモールで売り上げ1位をキープし続けているのがYOKONE2。独自のリラックスウレタン素材を使用しているため頭の重みをバランスよく分散してくれるます。

 

気道の確保をしやすい体勢をスムーズに取ることができ、いびきの軽減にアプローチをしてくれます。

 

また、リラックスウレタン素材の板を2枚内蔵することで男女問わず、自分の体格に合わせて高さを3段階調整することができます。
枕の横幅も広くどんな寝姿勢でも頭が落ちることがなく、肩に痛みを感じず楽な体勢をキープ出来る為、いびきの軽減だけでなく睡眠時無呼吸症候群も防止します。

 

いびき枕 スタンダード

価格:5900円(税込み)
送料:無料

 

累計販売個数は商品単体で70000個という驚異の販売数を誇る
リビングインピースから販売されている「いびき枕 スタンダード」。

 

販売個数だけ見てもいびき枕として信頼できるイメージはありますが
イメージだけでなくいびきをしっかりと防止できる設計になっていて
中に使われているソフトパイプの量をファスナーから調整できるようになっていて
理想的な高さを調整することができるので気道をしっかり確保できます。

 

また、丸洗いできるようになっているため清潔な状態を保つことができるので
毎日さわやかに安心して眠ることができます。

 

天使の寝息

価格:19800円(税込み)
送料:無料

 

いびきケア専用枕として使用した人の97.1%が「夫のいびきが軽減できた」など
口コミで高評価を獲得しています。

 

枕の中央部分にくぼみを作ることで仰向けで寝たときに滑らかなSラインで首を支えることで
いびきの原因でもある気道の狭窄を防ぎます。
また頭を横にして寝てもも両端の高い部分でどんな寝相でも気道が確保しやすくなっている機能性の高い枕です。

 

専用の枕カバーは肌さわりもよくカバーのファスナーは隠れる構造になっているので体を傷づけることもなく、
通気性に優れているのはもちろんのこと速乾性の抗菌素材になっているので蒸れることなく、衛生面を保ち
心地よい睡眠を得ることができます。

 

 

 

アイメズプラス スージーAS快眠枕

価格:7800円(税込み)
送料:各地域によって料金の差異あり

 

スージーAS快眠枕は航空機設計の技術を応用したことで新感覚の肌さわりながらも心地よい眠りを演出してくれる
いびき防止枕です。

 

カバーに使っている素材はメッシュ素材なので通気性はバツグン。
朝までぐっすりと眠ることができます。

 

中身の素材にもこだわっていてメルティフィットαという独自の材質で
頭をしっかりフィットできるように圧力を分散してくれます。

 

 

東京ベストスリープセンター トゥルームーンピロー

価格:5980円
送料:無料

 

トゥルームーンピローはクッションの素材を独自の製法で「GEL」素材を使用することで
滑らかなクッション性を生み出し、頭を置いたときに包み込んでくれるソフトな枕です。

 

専用カバーに植物性の生地でもあるモダールを使用することで敏感肌の人でも安心して使うことができ
吸放湿性にもすぐれているので季節に問わず、良質な睡眠をすることができます。

 

いびき専用枕ではありませんが気道を確保しやすい高さ設計にもなっていて
まくらとしては長期の1年の品質保証サービスもついてくるので
多くの人に評価されています。

 

いびきの原因は何?どんな影響があるの?

いびきをする人は日本に2000万人以上とも言われているほどで約5人に1人の割合で睡眠中にいびきをかいています。

 

いびきの原因は口と鼻から喉にかけてある空気の通り道でもある「気道」が圧迫されて狭くなった気道に粘膜と空気がこすれる音です。

 

いびきの要因ともなる気道が狭くなるときは主に4つの理由が挙げられます。

 

  • 仰向けで睡眠をしている
  • 寝るときの姿勢は人によって様々ですがいびきをかく人は仰向けで寝ている人が割合として多くなります。
    睡眠中は人間の生活において最もリラックスしている状態で全身の筋肉が緩んでいる状態です。

     

    口の中にある舌は普段は意識してなくても筋肉の力で喉の奥に落ちないようになっているのですが
    筋肉が睡眠によって緩み、リラックス状態になると舌が気道に沈み落ちていくことで気道が狭くなりいびきをかく
    原因となります。

     

  • 枕の高さがあっていない
  • 枕の高さがあっていないと頭が高くても低くても気道が狭くなる要因になりいびきをかくようになります。
    高すぎる枕では首がくの字に曲がって気道が狭くなります。
    反対に低すぎる枕では喉周りの筋肉が舌を支えられくなくなり気道に落ちることでいびきをかいてしまします。

     

  • 肥満体型によるもの
  • 肥満体型の人のは首の周りに脂肪がまとわりついているため
    睡眠中に限らず気道が狭くなっています。
    睡眠中ともなれば筋肉がゆるみさらに気道が狭くなるのでいびきをかきやすくなります。

     

  • 鼻呼吸ではなく口呼吸をしている
  • 普段の生活では我々、ほとんどの人間は鼻呼吸をしています。
    しかし、花粉症や風邪による鼻づまりなどで鼻呼吸ではなく口呼吸をしてしまい、
    睡眠中は特に無意識のため口呼吸を起こしやすくなります。
    口呼吸自体が口を開いてする呼吸なので寝ているときは舌が
    さらに気道に落ちやすくなって狭くなることでいびきを引き起こしやすくなります。

 

いびきは家族やパートナーに騒音被害を与えて睡眠を阻害するだけのものではなく
いびきをかいて寝ている人にもでる体の影響があり、放置していると睡眠時無呼吸症候群という
病気になってしまうリスクがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群[Sleep Apnea Syndrome]
睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に数秒の間、呼吸が止まってしまう病気です。
Sleep Apena Syndromeのイニシャルを取ってSASと略称されることもあります。

 

睡眠は本来、日中に活動した脳と体を休めるために必要な行動でそのためには酸素の吸入が欠かせません。
睡眠時無呼吸症候群によって呼吸が止まってしまうと酸素の流入量が不足していき、
体の中にある酸素が睡眠中であってもどんどん減少していきます。

 

体内の酸素量が減少していくと心拍数が上がることで睡眠中であっても脳や体に負担を強いることになり
寝ていても休んでいる状態にはなりません。

 

睡眠中であっても体や脳は休んでいない状態になっているのでなんとなく体がだるかったり頭が痛かったりする
不定愁訴を引き起こしやすく、起床時であっても疲れを非常に感じやすく、強い眠気を感じたりします。

 

いびきは周囲の人に騒音被害を与えるだけでなく自分の体にも悪い影響を与えてしまう
いわば病気の一歩手前でもあります。
いびきなんて誰でもかくしとタカをくくっていてはいけません。
早急な対策を必要性があり、枕を変えることはいびき対策の一つとしておすすめです。

 

 

まとめ
いびきは誰にでも起こりうる日常的なことなため、スルーしがちになってしまいますが
放置しておくと周囲の人に騒音被害を与えるだけでなく、自分にも病気として襲い掛かってくる
見逃してはいけないものです。

 

いびき枕は枕一つかえるだけでいびきを防止して軽減できるのであれば病気のリスクだけでなく
毎日の睡眠の質を上げることで普段のストレスや肩や首の凝りを解消できるアイテムです。
いびき枕で安心した良質な睡眠をとってみてはいかがでしょうか。
きっとぐっすり眠ることができるはずですよ。