腰痛に効く枕の選び方|高さや硬さはどれくらいがいいの?

 

腰痛改善のためにマットレスや敷布団の変更をするのが良いという話は聞きますが、なかなか枕については触れられることがありませんよね。

 

腰痛を改善させるためには、枕の選び方もとても重要な要素となっています。そんな腰痛改善のために使用したい枕をどうやって選んだらよいのか。おすすめの枕の選び方や腰痛に人気の枕、自宅にあるもので代用する方法までまとめました。

 

 

腰痛対策枕は寝返りの打ちやすいものを選ぶこと!

 

 

腰痛に良い枕を選ぶとき、まず初めにすることはあなたの腰痛がどこからきているものなのかを考えることが大切です。

 

あなたの腰痛は

骨の歪み・筋肉の凝り・椎間板ヘルニアなどの病気

のどこからきているものでしょう?

 

寝具による腰痛対策は寝ているときに同じ姿勢を続けないことが大切になるので、寝返りの打ちやすい寝具を選ぶことが大切です。

 

症状にあわせた枕選びが腰痛改善のためには必要になりますが基本的にはまず、寝返りが打ちやすい枕を前提にして選ぶようにしてください。

 

それでは、腰痛の症状別に理想の枕がどんなものなのかを確認していきましょう。

 

骨の歪み・筋肉の凝りからくる腰痛におすすめの枕の選び方

 

骨の歪みや筋肉の凝りからくる腰痛は、日頃の生活習慣や仕事、寝姿勢の悪さから発生することがほとんどです。こういったタイプの腰痛を改善するには、寝具を腰痛に良いものに変更することはもちろん、睡眠時に適切な姿勢を保てるような枕を選ぶ必要があります。

 

特に大切なのは

  • 枕の硬さ
  • 枕の高さ
  • 寝返りのしやすさ

の3点です。

 

枕の硬さについて

 

 

まず大前提として、腰痛に効く枕を探すときには「硬めの枕」を探すようにしてください。柔らかすぎる枕は首の骨のラインを正しく保つのが難しい上に、寝返りをしにくい状態を長時間キープしてしまいます。

 

長時間同じ姿勢をとるのは腰痛悪化を招く原因となるので、腰痛改善のためにはまずは柔らかすぎる枕の使用は避けるようにしましょう。

 

※誤解の内容に補足をしますが、柔らかい枕全てがいけないわけではありません。単純にさわり心地のために柔らかくしているだけの枕を避けて欲しいのであって、寝返りや睡眠姿勢、睡眠時の快適さを追及した柔らかい低反発枕などの柔らかい枕は腰痛に良い影響を与えてくれます

 

枕の高さについて

 

 

枕の高さは横になって寝たときに顎の先と胸の真ん中が地面に対して平行に一直線に繋がる高さが理想です。頭の位置が高すぎても低すぎても寝返りのときの妨げになってしまうので、腰痛改善のためには枕の高さ選びも欠かせない要素のひとつです。
ですが、枕の高さは個人によって適正の高さが異なります。高さの調節ができる枕を選んで購入するようにすると、あなたに合った高さで枕を使用することができます。


寝返りのしやすさについて

枕の硬さと高さをしっかりと選べば寝返りのしやすさはほぼカバーできます。ここで覚えておいて欲しいことは、枕の幅についてです。寝返りをするとどうしても頭の位置が左右にずれることになります。そう考えたとき、幅の狭い枕を使用していると頭が枕から落ちてしまうのです。

 

枕の中心に頭をおいて仰向けに寝転がったとき、左右に寝返りを打っても枕から落ちないくらいの幅の物を選ぶようにしてください。枕から頭が落ちた状態で寝続けると腰痛悪化を招く原因となります。

 

椎間板ヘルニアなどの病気からくる腰痛におすすめの枕の選び方

 

腰痛の原因が病気だった場合、それぞれの症状にあわせた寝方をする必要があります。しかし、腰椎間板ヘルニアだけは共通しておすすめされる寝方が存在します。

 

ヘルニアは、骨と骨の間にある軟骨が何かしらの拍子に飛び出し、神経を圧迫することで痛みを伴う症状です。そのため、背骨への負荷を減らすことで痛みの軽減を行うことが可能になります。

 

そんなヘルニアの症状におすすめな枕は、基本は骨や筋肉による腰痛の選び方と変わりありません。体が無理な姿勢にならない硬さと高さの枕を選ぶことが大切です。

 

ですが、ヘルニアの寝ている間の腰痛軽減には横向きで寝るのを推奨されることが多いですよね。横向きで寝ると背骨にかかる負担はぐっと下がりますが、それに伴い腕や足にかかる負担が大きくなります。そんなときには抱き枕の活用がおすすめです。

 

抱き枕を抱いて腕や足の体圧を分散させてあげることで、結果的に腰の負担をなくすことに繋がります。

 

ヘルニアのあなたは「適度な硬さ」で「適度な高さ」の寝返りの打ちやすい枕を使用し、抱き枕を活用するようにしましょう。

 

目次に戻る

 

腰きゅあベストセレクション!腰痛対策枕のおすすめはどれ?

 

枕を探していると、腰痛に言及している枕があまりないことに気がつくと思います。それもそのはず、枕を探している方の悩みの多くは肩こりや首のこり、頭痛などの悩みになってしまうので、どうしてもニーズの少ない腰痛に対する訴求をしている枕が見つからないのです。

 

そこで、腰きゅあがおすすめしたい腰痛対策におすすめの枕を紹介します。

 

横寝専用枕【YOKONE2】

 

※返品保証の期間は2週間
公式HPを見れば一目瞭然、名前の通り横向きに寝る為の専用枕です。腰痛持ちなら誰もが頷く「横向きで安眠したい」を叶えてくれる枕です。

 

元々は睡眠時無呼吸症候群の対策としても有効だった横向き寝ですが、腰痛持ちの人にとっても最高の枕。

 

首の骨のカーブを自然に保ち頭を固定できるので、横向きで寝て腰は楽になるけど今度は肩が凝る・・・熟睡できないという悩みから解放されます。

 

横向きで寝るのが好きな人はもとより、腰をかばって寝てしまい余計痛めたり、筋肉がほぐれず熟睡できない腰痛持ちの方におすすめです。

 

 

六角脳枕

 

 

腰痛に良い高反発マットレスでおなじみの1番星から販売されている腰痛におすすめの枕、六角脳枕。

 

快適な睡眠と理想の寝姿勢を追及した六角脳枕は、体の姿勢を整えて体の歪みを整えるのに効果的な枕で、仰向け、横向き全ての寝姿勢に対応した枕となっています。

 

頭寒足熱がもっとも良い睡眠を得ることができるという観点から、睡眠の質の向上にも一役買ってくれる枕となっています。

 

六角脳枕

 

めりーさんの高反発枕

 

 

腰痛持ちの管理人マスダが愛用している腰痛対策の枕「めりーさんの枕」。

 

その日の体調や感じに合わせて高さを調節することで、寝やすい睡眠姿勢を保つことができます。

 

マスダは横向き姿勢で寝ることが多いのですが、メリーさんの枕は横向きになったときに体に負担がかからない姿勢を作ってくれるのがとても素晴らしいと感じています。

 

首がしっかりと支えられているので、腰や肩の負担がだいぶ軽減している感じがして、最近はこの枕以外で寝ると腰が痛いこともしばしば。

 

マスダ愛用の腰痛対策枕がめりーさんの高反発枕です。

 

めりーさんの高反発枕

 

枕で腰痛改善を目指すなら、寝姿勢が理想の状態になる枕を選んで使用することが大切です。

 

仰向けで寝ている分には問題ないけど、横向きになったら身体がゆがんでしまう。
横向きは楽なんだけど、仰向けで寝ると寝苦しい。

 

など、あなたの全ての寝姿勢に対してマッチする枕を使用することが、枕での腰痛改善に必要なポイントです。自分で対処して腰痛の改善ができるのがベストではありますが、正しい寝姿勢を作ることができる枕を使用するのが管理人のマスダ的にはおすすめです。