腰痛には体に負荷のかからないマットレスや敷布団を選ぶことが大切です

 

腰痛持ちのサイト管理人マスダです。

 

僕は若い頃に鞭打ちを経験しており、その結果、後遺症として腰痛を患うことになりました。

 

そんな僕がおすすめしたい腰痛に良いマットレス&敷布団を比較して紹介します!

 

腰痛持ちなら知っていたい!腰痛に良い敷布団・マットレスの選び方

 

腰痛の原因は人それぞれ。腰痛と一言で言ってもどんなマットレスが良いのかはあなたの腰痛の原因や体型によって異なります。ですが、腰痛持ちの方が敷布団や寝具の変更をするときに気をつけたいことはほぼ共通しているのです。

 

腰痛持ちのあなたが腰痛改善のために寝具(敷布団・マットレス)の変更をするときには

  • 体圧分散性の高いものを選ぶ
  • 薄すぎるものを選ばない
  • 低反発のものを選ばない
  • 体に合わない硬さを選ばない

の4つのポイントに気をつけることが大切です。

 

体圧分散性の高いものを選ぶ

 

仰向けに横になると、腰の部分にかかる体圧は体重のおよそ45%。体重の半分近くの体重を腰で支えているという計算になります。そんな1部分に集中している体重の圧力を体全体に分散してくれるような寝具を選ぶことが大切です。

 

薄すぎるものを選ばない

 

 

薄すぎる寝具は底付き感を感じるだけでなく、体圧分散がうまく行えないことで腰や背中に大きな負担をかけてしまいす。

 

腰や肩甲骨で全身を支えている寝姿勢が続くと、背中が反って浮いた状態となってしまいます。そのため、背中の筋肉の緊張が続き、腰痛悪化を招いてしまうんですね。

 

薄すぎる寝具を選ぶのは避け、最低でも8cm以上厚みのあるマットレスを選ぶようにしましょう。

 

低反発のものを選ばない

 

 

低反発マットレスと呼ばれるマットレスも体圧分散性に優れたマットレスとなっています。しかし、低反発マットレスは反発力をなくすことで圧力の大きい部位を沈み込ませて体圧を分散させる役割を持っています。しかし、重たい部分ほど深く沈んでしまうため、背骨が正しいカーブを保つことが難しくなってしまうので腰痛の悪化を招く恐れがあります。

 

また、沈み込むという特徴が寝返りの回数を減らすことに繋がるので、圧迫の大きい部分の血流停滞を招きます。血行不良は、筋肉にコリや痛みを引き起こす原因となるので、腰痛悪化に繋がります

 

低反発の寝具を選ぶのはやめるようにしましょう。

 

体に合わない硬さを選ばない

 

 

低反発マットレスが良くないからといって、硬すぎるマットレスや敷布団が良いというわけではありません。寝具の硬さは体型や体重によってマッチする硬さが変わります。

 

マットレスが硬すぎることによって体とマットレスの間に隙間ができてしまい、腰や肩、背中に大きな負担をかけてしまうこともあります。あなたの体型に合わせた硬さの寝具を選ばないと腰痛改善には繋がらないので注意してください。

 

 

 

腰痛持ちだからおすすめできる!腰に良い敷布団・マットレスを比較しました!

 

管理人マスダが実際に使用しておすすめしたい腰痛対策マットレス・敷布団を比較しました。また、実際に使用していない敷布団やマットレスも同時に比較を行っています。
腰痛対策の寝具を探しているなら、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

商品名 価格 返金保証 品質 耐久性
雲のやすらぎプレミアム

39800円

100日間




腰痛対策敷布団・マットレスとして必ず押さえておきたい「体圧分散性」「耐久性」「安全性」「寝心地のよさ」「返金保証」「衛生管理」。全ての項目において右に出る敷布団やマットレスが存在しません。腰痛にはポケットコイルマットレスが推奨されますが、ウレタンだけでこれだけの性能を持つマットレスは他にはないでしょう。安心の100日間保証がついていますので、まずは試しに。で購入できるコスパ最強の腰痛対策敷布団です。

雲のやすらぎプレミアム

モットン

39800円

90日間




腰痛対策マットレスのロングセラーがモットン。雲のやすらぎプレミアムが出る前までは最上級の品質と腰痛への効果が期待できると評判でした。管理人マスダも以前愛用しており、腰痛が緩和された体験をしています。品質的には雲のやすらぎがいいのはわかるけど、実績が多いマットレスが良い!という方におすすめの腰痛対策マットレスです。

モットン

13層やすらぎマットレス

98000円

60日間




厚みが約30cm。ふかふかで雲に包まれているかのような寝心地を追求した高反発マットレスがこちら。ウレタン構造に挟まれたポケットコイルが理想の体圧分散性・耐久性・通気性を担保してくれています。高級マットレスの部類に入るので、どうしても価格が上がってしまうところがネックなところ。価格が低ければもっともおすすめしたいマットレスの1つです。

13層やすらぎマットレス

ラクーネ

37980円

90日間




検証データ的にはモットンよりやや劣るラクーネ。それでも高反発マットレスとしての性能はしっかりと持っています。腰痛対策マットレスラクーネ!と宣伝しているだけに、実際に使用して腰痛が緩和したかたも多そうです。保障期間とキャッシュバックキャンペーンを行っているので、気になる方は検討材料の1つとして考えてもよさそうですね。少し固めの高反発マットレスなので、小柄な体型の方にはあまり向いていないかもしれません。

ラクーネ

 

雲のやすらぎプレミアムの特徴

・第3者機関による徹底的な品質検査済み
・返金保証100日間
・楽天ランキング59週1位獲得
・床にもベッドにも使える
・オールシーズン快適に過ごせるリバーシブルタイプ

価格 税込39800円
評価 評価5
備考 100日間返金保証付き
雲のやすらぎプレミアムの総評

寝心地を追求しているだけでなく、ベストな睡眠姿勢を追求して作られた体圧分散マットレスなので、腰痛の方には特におすすめです。

価格がお手ごろなのに長期間の使用ができるところも魅力。

モットンの特徴

・腰痛対策マットレスのロングセラー
・野球界のレジェンド山本昌さんが愛用
・3種類の硬さが選べる体圧分散マットレス
・お客様満足度94.2%

価格 税込39800円
評価
備考 90日間返金保証付き
モットンの総評

寝心地に慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、腰痛対策としての効果には期待大です。

管理人マスダも以前愛用しており、腰痛が軽減されました。体型に合わせたマットレスの硬さを選べるのも魅力の1つです。

 

ラクーネの特徴

・ユーザー満足度91.6%
・160Nの硬めの高反発マットレス
・軽量で管理しやすいマットレス

価格 税込39800円
評価
備考 90日間返金保証付き
ラクーネの総評

性能としてはモットンや雲のやすらぎプレミアム、13層やすらぎマットレスと比べて若干低いかなと感じます。

ですが、ユーザー満足度や価格帯、返金保証の内容を加味するとランキング上位に食い込む商品です。

 

13層やすらぎマットレスの特徴

価格が低ければ文句なしの高級マットレス!

・13層のウレタンやコイルの構造
・整体師が絶賛する体圧分散マットレス
・こだわりの品質の高級マットレス

価格 税込98000円
評価
備考 60日間返金保証付き
13層やすらぎマットレスの総評

約30cmの厚みを持っているので、短期の買い替えが難しいマットレスです。しかし、それを補う耐久性と衛生面のメンテナンスフリーを実現しています。高級マットレスの部類に入る価格のマットレスですが、品質の面では最高峰といえる腰痛対策マットレスです。

※価格はシングルサイズの価格です。セミダブル・ダブルサイズの価格は詳細ページでご覧ください。

 

腰痛に良いマットレス・敷布団の選び方

 

敷布団やマットレスの比較表は、公式HPの情報や、腰痛で悩んでいた管理人マスダがマットレス選びの指標として考えたものです。確かな証拠があり、しっかりとデータを示している商品もあれば、あいまいな表現で販売をしている腰痛対策マットレスも存在します。

 

そのため、腰痛対策の敷布団やマットレスの購入をするときには、

 

・公式HPに信頼できるデータが載っているか
・自分が購入したい腰痛対策の敷布団やマットレスはどんなものか

をしっかりと判断して選ぶようにしてください。

 

管理人のマスダが欲しかった腰痛対策マットレスはデータがしっかりと確認できて、寝心地の良い長期間使用(購入したいマットレス)できるマットレスでしたので、雲のやすらぎプレミアムがドンピシャでした。

 

公式HPに第3者期間が検証した商品データがしっかりと記載されているし、実際に寝てみて寝心地も最高

 

腰痛が悪化する兆しも全くありませんし、むしろ毎日スッキリ元気に過ごせています。低反発マットレスを使用していた頃は背中と腰がよく痛くなっていたし、モットンは使い始めが辛かったですが、雲のやすらぎプレミアムはそんなことありません。

 

腰痛対策の体圧分散性の高い高反発敷布団・マットレスなら雲のやすらぎプレミアムがマスダ的に1番おすすめできます。

 

 

>>雲のやすらぎプレミアムの詳細をみる

 

 

他にもあるよ!腰痛対策に使えるマットレス・敷布団!

 

商品名 価格 返金保証 品質 耐久性
SLEEple

39000円

なし




体圧分散性と通気性がしっかりと担保されているスリープル。体圧分散性のしっかりした情報を見る限りでは腰痛に良い効果を与えてくれるのがわかります。しかし、返金保証がないことから、万が一体に合わなかったときのリスクが伴います。また、公式HPを見る限り、耐久性は担保されているように見えますが、実際に検証したデータが記載されていないため、耐久性については言及することができません。品質はよさそうですが、体圧分散マットレスとして最低限の情報がないところに少し不安があります。

SLEEple

あんみんエア・ピーク

78840円

なし




マットレスとまくらが一体になっていることで首の頸椎が本来のカーブを描き、背骨・骨盤の沈み込みを防いで正しい姿勢を保って睡眠することができます。マットレスは従来のウレタンではなくブレスエアと呼ばれる通気性の高い新素材を使用。いつものベッドだけでなく、車中での仮眠やアウトドアなどどこでも持ち運べる新感覚のモバイルマットレスです。

あんみんエア・ピーク

商品名 価格 返金保証 品質 耐久性
スリープマジック 極厚プレミアムマットレス<ブロックタイプ>

39900円

なし




高密度ウレタンをブロック型に切れ込みのようなカッティングを施し、先端を適度にとんがらせることにより指圧効果も期待ができる「点」で支えるマットレスです。仰向けでも横向きでも背骨が自然なS字を
描き寝返りもスムーズ。背中に当たる部分がブロック型とウェーブ型があり、厚みも3種類あるので性別や体型によって自分に合ったマットレスを選ぶことができます。

スリープマジック

39デザインマットレス

34560円

なし




母親に抱かれた赤ちゃんがぐっすり眠ることをヒントにして作られた39デザインマットレス。他のマットレスと違うところは、なんといってもやわらかさにこだわった「人肌感触」の新素材スキンタッチ。体圧分散はもちろんのこと、凹凸と肌に吸い付くような感触がリラックスした睡眠へと誘います。14日間の無料お試しも実施中。

39デザインマットレス

エアツリーマットレス

29800円

なし




サッカーの名門クラブ「マンチェスターユナイテッド」の公式寝具パートナー「エムリリー」から新しく発売された「エアツリーマットレス」。ウレタンを独自の波型カッティングすることにより、柔らかすぎたり逆に硬すぎてしまったりと敷き寝具による寝姿勢の悪さを改善。寝返りのしにくさや腰や肩への負担も減りストレスのない眠りを実感できます。品質保証により1年以内に「へたり」が発生した場合は新品交換を行うほどの自信があるマットレスです。


エアツリーマットレス

商品名 価格 返金保証 品質 耐久性
マニフレックスモデル246

39204円

なし




イタリアメーカーのマニフレックスが独自に開発した次世代高反発フォーム「エリオセル」を100%使用したロングセラーモデル。日本のショールームが東京の国道246線沿いにあることからモデル246というニックネームが名付けられたこのマットレスは、日本人が好む硬めの寝心地で寝返りがスムーズ。プロスポーツ選手も愛用しています。

マニフレックスモデル246

ムアツ布団(フロアタイプ)2フォーム100
腰きゅあマットレス|腰痛もちが選ぶ腰痛にいい敷布団・寝具ガイド

59400円

なし




布団といえば西川。そんな昭和西川から発売されているムアツ布団はあのマツコ・デラックスがCMに出演していることでも有名。一般的な敷布団では沈み込んでしまう体を、点で支えるたまご型のウレタンフォームで睡眠偏差値を高めます。体に接する面が少ないので汗や湿気を貯め込まずサラッとした快適な睡眠を実感できます。

ムアツ布団(フロアタイプ)2フォーム100

オクタスプリング
腰きゅあマットレス|腰痛もちが選ぶ腰痛にいい敷布団・寝具ガイド

21384円

なし




コイルスプリングの通気性の良さとウレタンの優しく体を支える力の良い部分を両方兼ね備えた新時代のマットレス「オクタスプリング」
蜂の巣状のハニカム構造によるウレタンスプリングがどんな体勢でも首肩腰の負担を分散。また一般的なウレタンのマットレスよりもダニの発生数が約90%も少ないのでアレルギー体質の方でも安心です。

オクタスプリング

 

なぜ腰痛だと寝具を選ばなければいけないのか

 

腰痛だとなぜ寝具を選ばなければいけないのか。腰の痛いあなたは体で感じ取っている疑問だと思いますが、【どうして腰痛だと寝具を選ばなければいけないのか】についてここからは紹介をしていきます。

 

腰痛と寝具の密接な関係についておさらいしておきましょう。

 

悪い寝姿勢が腰痛を悪化させる原因!

 

腰痛が発生する主な原因には

  • 骨格の変化
  • 筋肉の衰え
  • 急激な負荷
  • 骨の老化
  • 椎間板ヘルニア

といったことが挙げられます。

 

この中で日頃の生活によって引き起こされる腰痛は「骨格の変化」と「筋肉の衰え」です。その他の腰痛は病気であったり怪我の部類に入るので寝具を変更したところで腰痛の改善にはならない可能性が大きくあります。

 

ですが、慢性的な腰痛は骨格の変化と筋肉の衰えによって引き起こされることが多いので、世の中の腰痛に悩まされる方の多くが寝具を変更して寝姿勢を正しくすることで腰痛の改善が見込めるのです。

 

寝具変更が骨格の変化による腰痛に効果的な理由

 

 

骨格が正常な状態でないと、寝具に横になったときに体の一部分に大きな負荷がかかります。特に猫背や反り越しの方だと圧迫のかかる肩甲骨部分や浮いている背中部分の負荷はとても大きなものとなり、寝ている間に腰痛を悪化させてしまう恐れがあるのです。

 

腰痛に良いといわれる寝具は、仰向けで横になったときの体圧(肩甲骨や腰にかかる圧)を分散させる効果があります。体への負荷を減らし、正しい寝姿勢をとりやすい工夫がされていることで、睡眠時にかかる負荷を減らし慢性的な腰痛を改善させることが期待できるのです。

 

腰痛改善マットレスを使用することで寝ている間の骨格矯正の効果も期待できます。骨格が正しい状態になることで慢性的な腰痛の改善も見込めるということです。

 

寝具変更が筋肉の衰えによる腰痛に効果的な理由

 

腰痛改善に寝具の変更が効果的なのは、寝ている間の筋肉の硬直を防ぐことができるというのも1つの理由です。私たちは1晩寝ている間に平均20回〜30回寝返りを打つことがわかっています。

 

しかし、筋肉が衰え体を動かすことが辛くなってくると、寝返りを打つのも大変な動作となってしまいます。そんなときに寝具にしっかりと沈み込んでしまう低反発のマットレスや、体を反転させるのが大変なくらい硬いせんべい布団で睡眠をとっていたらどうでしょう?

 

寝ているあいだの寝返りの回数が減ってしまいます。
筋肉の衰えによって寝返りが打てなくなると、腰部分の筋肉の緊張を招きます。筋肉の緊張は慢性的な腰痛の原因のひとつなので、寝返りのしやすい腰痛改善マットレスを使用することで腰痛の軽減が見込めるのです。

 

腰痛には高反発マットレスがいい!その理由は?

 

腰痛の方に高反発マットレスがおすすめなのは、高反発マットレスが寝ているときの姿勢を正しく保ち、寝返りの邪魔をしないからです。

 

確かに体圧分散の機能だけを見たら低反発マットレスも高い性能を持っています。しかし、低反発マットレスは体全体を沈み込ませてしまうため、どうしても寝返りが打ちにくくなってしまいます。寝返りのしやすさは腰痛をよくする寝具に欠かせないポイントなので、腰痛の方に低反発マットレスはおすすめできません。

 

腰痛改善を目指すなら高反発マットレスを利用すべきです。

 

寝返りの打ちやすさと腰痛の関係

 

私達腰痛もちの悩みは、朝起きたときの腰の痛さ。そんな腰痛の強さは寝返りがしっかりと打てているかどうかでかなり変わってくるんですよ。

 

 

私達は寝ている間に平均20回〜30回寝返りを打つことがわかっています。しかし、寝返りの打ちにくいマットレスで寝てしまうと、正常な寝返りを打つことができず、同じ体勢で寝続けてしまうことになります。

 

寝返りが打てないことで腰痛に与える影響は

  • 血流を悪して筋肉が炎症を起こす
  • 無理な姿勢を長時間続けることでじん帯を圧迫する
  • 骨格がゆがむ

等があげられます。

 

腰痛を軽減するには寝ている間の血流改善や1部分に長時間負荷を与えることをなくすことが重要なので、腰痛持ちの方の場合、寝返りのうちやすいマットレスを選ぶことが大切なんですよ。

 

寝返りが打ちやすいのが高反発マットレスの特徴

 

誤解されがちですが、「硬いマットレス=高反発マットレス」だと思っていませんか?

 

実はこれ、全然ちがって、ただ硬いマットレスには反発力が存在しません。だってそうですよね?おせんべいみたいにぺったんこになった布団には反発力がありますか?

 

せんべい布団は単純に硬いだけ。反発力のかけらもありません。

 

高反発マットレスは、マットレスにかかる圧力に対して反発する力を持っています。そのため、圧力が大きい部分には大きな反発力を。圧力が小さな部分には小さな反発力を与えて、体全体で体重を支えるようにできているのです。

 

ということは、低反発マットレスの様に体全体が沈み込んで身動きが取りづらいということがなくなり、寝返りが打ちやすくなるんです。

 

寝返りが打ちやすくなることで、寝ている間の体への負荷は少なくなります。そういった意味で、腰痛に高反発マットレスがおすすめなんですよ。

 

腰痛に良いのは体圧分散性の高い高反発の寝具

 

腰痛への良い影響を考えたら辿り着くのは「体圧分散性」が高く、寝返りの打ちやすい「高反発の寝具」です。
腰の痛みは睡眠時の睡眠姿勢や、寝ている間の寝姿勢による身体への圧力などで悪化してしまいます。

 

体圧分散マットレスなら、身体の1点にかかる圧力が分散されるので、寝ている間の身体への負荷を最小限にとどめることができ、寝ている間に腰痛が悪化する心配はありません。
しかし、体圧分散マットレスだからといって低反発の物を使ってしまうと、睡眠姿勢が悪くなる上、寝返りがうてないことによる身体への負荷が大きくなってしまいます。

 

腰痛を寝具で改善したいなら、睡眠時に身体にかかる負荷を少なくすることが大切です。

 

そういった点で、寝返りのうちやすい体圧分散性に優れた高反発の寝具は腰痛持ちの救世主とも言える存在なんですよね。