ストレートネックの矯正におすすめの枕をランキングにしました

ストレートネックは枕で矯正が可能なことをご存知ですか?

 

「いつも首が痛い」「肩がこる」「頭が痛い」そんな症状に悩まされるストレートネック。

 

どうしたら治すことができるんだろう?と悩んでいる方も少なくありません。

 

そんなあなたはぜひ一度使っている枕を見直してみませんか?

 

ここではストレートネックに効果的な枕とはどういったものなのか、そしてストレートネックを矯正すると言われているおすすめの枕5つを紹介します。

 

ストレートネックはなぜ起こる?その原因について

ストレートネックとは、その名の通り首の骨である頸椎の並びがまっすぐになってしまう症状を指します。

 

本来、首の骨はまっすぐではなく適度にカーブを描いており、そのカーブが頭の重みによる衝撃を吸収して、全身への負荷を分散しています。

 

人間の頭部は全体体重の10%を程を占め、その重みは約6kgにも達します。この重みを支えているのが頸椎です。

 

ストレートネックの原因としてもっとも挙げられるのが、「悪い姿勢」です。

 

デスクワークが中心の仕事をしている方や、近年問題視されているのがスマホ使用の長時間化。
デスクワークやスマホ使用時、慢性的に前傾気味になる為頸椎や脊椎への負担が増加します。

 

特定のスポーツや職業における姿勢の維持もストレートネックを引き起こす原因となります。ですからストレートネックは生活習慣や職業病と言っても良いかもしれません。また、加齢に伴う骨の変化や筋力低下によっても引き起こされます。

 

ストレートネックにより引き起こされる身体症状

ストレートネックは、ただ首の骨のカーブが無くなるだけではなく、さまざまな身体症状に悩まされます。
特に多いのが首こりや肩こり、疼痛、頭痛、腰痛など。人によっては吐き気をもよおすほどの頭痛に悩まされる場合もあります。
そもそも姿勢が悪いので、猫背の方も多いのですが、ストレートネックが酷くなるとさらに猫背が強くなる傾向があります。

 

また、頸椎が圧迫されることによって、耳鳴りやめまいと言った症状につながることもあります。個人差もありますが、ストレートネックによって圧迫される頸椎の部位によって、頸椎椎間板ヘルニアになってしまう方もいらっしゃいます。

 

このように、ストレートネックは決して軽視してはいけない症状であり、悪化することで手がしびれたり自律神経の乱れに繋がる場合もあります。ご自身にストレートネックが原因で起こっている症状がないか、今一度チェックしてみてください。

 

またストレートネックかどうかを簡単に自分でチェックする方法もありますが、症状の重い軽いにもかなり個人差があります。

 

セルフチェックをして自分がストレートネックであるとわかったところで、セルフケアをしてもまさに生兵法はケガのもと。

 

私は事故の後遺症で頸椎脊柱管狭窄症があるのですが、下手に首に強い力を掛けたり、変な方向に向けたりするのは厳禁です。そもそも医師からはつまづいてこけちゃダメとも言われているほどです。ぐっと上をむくと指がぴくぴく痙攣したりするなんてこともあります。ですので、症状があまりに深刻だと思う方は無茶なことはしてはいけません。

 

一番正確で確実なのは整形外科に行って画像診断を受けることです。あまりに症状が重い場合は、自分で何とかしようとせずに、まずは病院の診察を受け医師の診断を仰いでください。

 

ストレートネックを枕で矯正できるの?

 

 

ストレートネックを矯正する方法の1つとして最近では専用の枕が注目されています。

 

ストレートネックは本来正常であればゆるく前方にカーブを描いている頸椎が、なんらかの原因でまっすぐになっている状態のことをいいます。

 

病気ではないので多くの整形外科ではとくに専門の治療ということはせず、首の牽引(けんいん)をしたりブロック注射や薬で首や肩の痛みを和らげる対処治療をしているところがほとんどです。

 

また整体やカイロプラクティックなどに通っている方もいらっしゃいますが、通院してかかる金額のことを考えると枕で矯正するのが時間もお金もかからないと考える方も多いのは事実。

 

寝ているあいだにストレートネックが矯正できるなんてとてもありがたいですが、それではいったいどういった枕がストレートネックには良いのでしょうか?

 

ストレートネックには高すぎず低すぎずしっかりと首を支えてくれる枕がベスト

 

 

ストレートネックに効果的な枕は高すぎず首をしっかりと支え、かつスムーズな寝返りができる枕を選ぶことがポイントです。

 

枕が高すぎると緩くカーブをしている頸椎の形状が不自然になり、首や肩に負担がかかり寝ている間中筋肉に力がはいっている状態になります。その状態が毎晩続くと少しずつストレートネックが慢性化し悪化する可能性がでてきます。

 

また逆に低すぎたり枕なしだと首を支えることができないので、首や肩に6kg近くある頭の重さが直接かかり首こりや肩こりの原因になってしまいます。

 

ストレートネックを矯正する枕をえらぶときには、自分の首の頸椎をしっかりと支えスムーズな寝返りが可能な枕を選ぶことが大切です。

 

以前タオル枕、バスタオル枕といった自分の首に合わせて高さや硬さを調節して作る枕が流行りましたが、正直私はおすすめしません。確かに高さや形の調節が可能なのですが、やってみるとわかるのですがとても寝苦しいのです。

 

私にとっては寝つける代物ではありませんでした。なぜなら、反発力がないのと何よりも寝ている間に形が必ず崩れるのです。

 

また、寝返りを打ちづらく、朝にはほどけてペタンとなっている為、首の骨を自然な形に保つなんて不可能です。

 

枕なしで朝を迎え、首にとって最悪の姿勢で目覚め、しばらくストレートネックの症状に悩まされました。

 

ポイントをまとめると
「首の自然なカーブを保てる高さを選択すること」
「しっかりと首を固定してくれること」
「反発力があり沈み込まず、寝返りが打てること」

ストレートネック用枕おすすめランキング8選

 

最近では頸椎のカーブをしっかりと意識して作られている、ストレートネックに効果的な枕がいくつか発売されています。その中からおすすめの枕を5つご紹介していくので是非参考にしてみてくださいね。

 

めりーさんの高反発枕

 


12800円(税込)
返金保証付き・高反発枕

 

・自然な寝返りをサポート
・枕の高さや首のカーブの深さを調整できる調整シート5枚つきで自分にあった高さに調整し首をしっかり支えストレートネックを矯正
・優れた通気性と耐久性
・ウレタンフォームなのでダニやほこりをシャットアウト

 

めりーさんの高反発枕

 

YOKONE2

 

ストレートネックの矯正におすすめの枕をランキングにしました
価格18,000円(税別)

 

・頭、首、肩、腕の4点を支える
・横寝で自然なカーブを描ける専用枕
・2週間返品・返金保証付き

 

 

六角脳枕

 


価格18900円(税込)

 

・低反発枕
・Wの凸凹構造で理想的な寝返りが実現。肩や首筋をしっかり支えてくれる
・血液循環が促進される頭寒足熱の健康法を取りいれた保冷剤入りで寝つきの良さをサポート
・独自の低反発マイクロウェーブ素材で通気性が良く高さの調節もしやすい

 

 

スローコアピローPRO−EX

 


WEB限定価格24800円(税込)

 

・健康器具(運動補助用具)
・高反発素材特殊発砲ウレタン素材
・寝具ではないので睡眠時には使用できません
・頸椎をけん引、矯正する枕としての特殊形状で特許取得
・7分間のエクササイズでストレートネックをリセット

 

 

スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕

 


価格7980円(税別)

 

・2層構造で頭を包み込みながら首をしっかりサポート
・頭の部分はパイプ、首の部分は特徴的な
形をしたウレタンフォーム
・特徴的なウレタン部分が首をマッサージ気分に。また首が反る感じになり本来の寝姿勢へと導きます
・ウレタンシートが2枚付属でついてくるのでシートやパイプの量を調整し好みの高さに調節可能

 

 

 

お父さんにあげたいネックフィット枕

 


価格6980円(税別)

 

・男性専用
・低反発ウレタン
・2構造タイプで硬めの低反発ウレタンとソフトパイプで頭も首もサポート
・ソフトパイプが取り出せるので高さ調節が
可能
・備長炭を含むソフトパイプで消臭効果
・ダブルラッセル(メッシュ生地)で通気性バツグン

 

 

RAKUNA 首と肩のコリにラクな整体枕

 

ストレートネックの矯正におすすめの枕をランキングにしました
価格7,538円

 

・自宅で自分でケアできるをコンセプトに整体師さんが開発
・寝るだけで整体を。首のカーブを立体サポート
・ムレない、あつくないメルティフィットAirを素材に採用。

 

 

トゥルースリーパー セブンスピロー

 


価格14,800円(税別)

 

・累計出荷枚数500万枚突破のトルゥースリーパー枕
・縦幅68p。身体を7点で支える
・低反発だが面積が広い為寝返りが打ちやすい
・高さ調節シートで高さの調節が可能。

 

 

今はストレートネックを矯正する枕がたくさんでているのでどれがいいのか正直
迷ってしまいますよね。

 

枕は首をしっかりと支えてくれるだけじゃなく、スムーズに寝返りができることが
大切です。

 

高すぎず低すぎずを基本に自分にあった枕を見つけてストレートネックを少しでも改善していきましょう。