横向き枕のベスト5!横を向いて寝やすい枕をランキングにしました。

 

横向き寝がしやすい枕をご存知ですか?
実は横向き専用に作られた枕があり、横向きで寝ている人にとっては朗報ですよね。

 

人によって寝方はそれぞれ仰向け、うつ伏せ、横向きの左右と違いますが
普通に売られている枕の大半は仰向けで寝ている人のために想定された高さや硬さになっているため
横向きで寝ている人にとって普通の枕を使うのは首や肩に負担がいってしまい、良質な睡眠をとれているとは言えない状況です。

 

実は横を向いて寝ることはいびきの軽減や肩こりや腰痛の改善にも効果が期待できる寝方でもあるのです。

 

良質な睡眠をとるためにも横向き寝専用枕の商品をいくつかピックアップして枕の選び方とランキングベスト3を紹介します。

 

 

横向き枕の選び方。3つのまとめポイント

 

横向き枕ならどれでもいいわけではありません。
確かに横向き専用枕はありますが無作為に選んで「枕が合わなくて寝不足・・・」何てことになってしまいます。

 

安眠できるようにも横向き枕の選び方を3つのポイントに分けました。

 

  1. 横むきと仰向けになったときに背骨が水平を保つ高さをキープしているものを選ぶ
  2. 横むきメインで寝ていても本人が気づかなくても仰向けになって寝ている状態が絶対にあります。
    横向きだけでなく仰向けになった時の寝る姿勢も考慮した上でどんな体勢でも背骨がまっすぐになるタイプの高さをキープした
    横向き寝枕を選びましょう。
    体全体を支える背骨が曲がったまま寝てしまうと体に歪みが生じ、新たな肩こりや腰痛の原因を生むことになります。

     

    ネット限定の通販タイプの枕だと試せないことがネックになりますが返金保証の制度もあるのでうまく活用しましょう。

     

  3. 頭が沈みこみすぎつかつ硬すぎない、素材を選ぶ
  4. 枕に使われている素材でによって頭が沈みこみすぎてしまうと、高さがピッタリであっても
    リラックスした状態で寝ることは難しくなります。
    反対に硬すぎる素材の枕でも首や肩、頭周りの血管を圧迫しています。

     

    枕の素材はビーズやウレタン低反発など千差万別ですが今使っている枕は
    「この硬さがいい」とこだわっていませんか?
    今使っている枕の素材に近いものを選ぶと理想的な
    頭が沈みこみ過ぎず、硬さもちょうどよくなります。

     

  5. 寝返りが打てる幅のある枕を選ぶ
  6. 横向き枕は普通の枕と比べると形がかなり異なります。
    横向きで寝ている人は寝ているので当然気づいてないのですが、
    知らず知らずのうちに寝返りをしています。

     

    横向き専用枕であるのに枕から頭が落ちてしまっては枕の意味がなくなってしまうので
    左右に余裕をもって寝返りが打てる幅の枕を選ぶようにしましょう。

 

 

横向き寝枕のおすすめランキングベスト3

横向き枕と一口に言っても実は寝具屋さんにいくと多数の商品が存在しています。
口コミで評価の高いものや売れ筋のいい横向き枕をランキングにしたのでベスト3を発表します。

 

YOKONE2

価格:18000円(税抜き)
送料:無料

 

横向き寝専用枕としてテレビや雑誌にも取り上げられている通販げ限定の横向き枕「YOKONE2」。
医師のお墨付きももらっているため人気がとどまることがありません。

 

リニューアルされたことにより、枕自体の高さを3段階に調節できるので老若男女問わずだれでも安心して使うことができる枕です。
使われている素材は低反発のウレタン素材を使っているため、人によって違う頭や首にの形に関係なくフィットしれくれます。

 

また、公式サイトから2個以上の購入でさらにひとつ枕とカバーのプレゼントを
してくれるキャンペーンもあり2週間以内であれば返金保証もしてくれるため
安心して試すこともできます!

 

 

もっと横楽寝

価格:5000円(税抜き)

日本の寝具メーカー東京西川が横向き枕専用として販売されているのがもっと横楽寝です。
高さ調節としてウレタンシートやパイプが補充用として付属されいるので自由に高さ調節ができます。

 

横向き枕としては幅が少し小さいものの低価格によるコスパの良さで人気を博しています。

 

枕ですが洗濯機で丸洗いができてしまうのもにおいがつかず清潔を保てるのも評価が高いポイントになっています。

 

エアウィーブ S-LINE

価格:19800円(税抜き)

横向き専用枕ではありませんが、枕の両端を中心部分より硬く調整することでどんな寝姿勢でも安心して眠ることができるのがエアウィーブピロー S-LINEです。
有名スポーツ選手も愛用していることからユーザビリティも高く、全国の百貨店などでも店頭で販売されています。

 

独自技術のairfiberで枕の表面にでこぼこを付けずに硬さと柔らかさを演出してくれるため、理想的な頭の位置をキープできて、
スムーズに寝返りも打つことができるので、横向きで寝ている人も安心して眠ることができます。

 

Elevation Pillow(エレベーション ピロー)

価格:12190円(税抜き)

日本の寝具業界の中でも老舗のASMOTが販売しているElevation Pillowは特許を取得したエレベーションパッドを使うことで
空気の力を利用して就寝中の寝返りで頭部を滑らかに持ち上げてくれるので、朝までゆっくりと眠ることができます。

 

もちろん、中のビーズを出し入れすることができるので好みの高さに調節して自分にあった寝姿勢を演出してくれます。

 

Sleep Vantage

価格:3593円(税抜き)

高級寝具で有名なフランスベッドから販売されているSleep Vantage(スリープバンテージ)は枕としては独特の形をしています。
しかし、横向きの人のために考えられた設計で、枕の真ん中には耳が痛くならなように穴が開いているのが大きな特徴です。

 

ただ、口コミを見ると形状的にも寝返りを打つと頭が落ちてしまうことが多々あるみたいなので
長時間の睡眠よりもお昼寝として使うほうが実用性を発揮します。

 

 

横向き寝は左右によって体にでる影響が違う?横向き寝のメリット・デメリットまとめ

横向き寝で寝ている人は左右の方向を意識したことがありますか?
横に向いて寝ている人は左右の向きやメリット、デメリットを意識したことがある人は少ないと思います。

 

もちろん、一番眠りやすい体勢を取ることがある意味一番の快眠ともいえますが
横向きで寝ている人に限っては多くのメリット、デメリットが存在していて左右の向きによって体に出る影響が違うのです。

 

横向きで寝るときのメリット、デメリット左右の向きにおいての違いの情報や
横向きで寝るときの正しい寝姿勢をまとめてみたので横向きで寝ている人は
寝るときの知識として頭に入れておくといいでしょう。

 

 

横向き寝によるメリット・デメリットまとめ。

横向きで寝ることは悪いことではありません。
むしろ、横向きで寝ることは医師が一番疲れが取れる姿勢と推奨するほどなんです。

 

疲れが取れる姿勢以外のメリットを3つのポイント、デメリットを2つのポイントに分けて紹介します。

 

横向きで寝るときのメリット

 

  1. いびきの音の軽減と睡眠時無呼吸症候群の防止
  2. 寝ているときのいびきの音は他の人にしかわかりませんが家族や恋人に
    「うるさい!」と言われる経験もあると思います。

     

    いびきの原因は睡眠における筋肉のゆるみから呼吸をするときに空気の通り道でもある上気道が狭くなることで
    喉のまわりにある組織が振動することで起きる音です。
    特に仰向きで寝ている人は舌がそのまま喉の奥に落ちてくるのでいびきが起こりやすくなります。

     

    睡眠時無呼吸症候群
    睡眠時無呼吸症候群はいびきと同じく上気道が狭くなることで起きる病気で
    いびきよりも症状が重く、上気道が塞がっていて呼吸が完全に止まっている状態です。

     

    一時的ではありますが呼吸ができないことにより脳に酸素が行きにくくなり
    脳が休まらず、体の疲れが取れにくく、起きた時に頭痛を感じたりします。

     

    横向きで寝ることによって左右のどちらかの喉の奥にに落ちることで上気道が広くなり
    結果的にいびきがかきにくくなり音が軽減されやすくなり、睡眠時無呼吸症候群の防止にもつながります。

     

  3. 腰の負担が軽くなる
  4. 腰が悪い人は寝るときの姿勢は特に気を遣いますよね。
    横向きで寝るとなんとなく腰に体重の負担が偏ってもっとひどくなりそうな感じがしてしまいますが
    もともと姿勢が悪く、本人がまっすぐ垂直に立っているつもりでも実はできていないことがほとんどです。

     

    仰向けで寝ると、痛くて伸ばせない腰を無理に伸ばして寝ている状態になるので
    炎症や痛みが悪化してしまう可能性があります。
    また、うつ伏せ寝は仰向け以上に腰をそらして伸ばす状態になるので特にNGな寝方です。

     

    「横向きで寝るのが一番正しい寝る姿勢ではない」ので無理に横向きに寝ることはありませんが
    腰が悪いひとは仰向け、うつ伏せで寝ることは避けましょう。

     

  5. 脳の新陳代謝を促進していらない物質を排出しやすくしてくれる
  6. 脳は睡眠時においても新陳代謝を繰り返して行っています。
    脳の新陳代謝でもある成長と修繕を行うアミロイドβ前駆体タンパク質は役割を終えて
    分解されるとアミロイドβというタンパク質になって排出されます。

     

    アミロイドβは蓄積するとアルツハイマーや認知症の原因とされているのですが
    横向きで寝る姿勢はアメリカの学会からもアミロイドβを最も排出しやすい姿勢と発表がされています。

 

 

横向きで寝るときのデメリット

 

  1. 顔のシワやほうれい線を生みやすい
  2. 横向きで寝ることは顔を枕に押しつけたり、擦ったりすることになるため
    顔のシワやほうれい線を生む原因にもなってきます。

     

  3. 背骨や骨盤にゆがみが起きる
  4. 長時間の間、横向きのまま寝ていると背骨や骨盤が圧迫されてゆがみの原因になります。
    体を支える背骨や骨盤がゆがみは万病のもととも言われ、生活習慣病になってしまうリスクを上げてしまします。

 

横向きで寝るときのデメリットについてですが
横向きで寝ている人の大半は本人が気づいていなくても
寝返りをうっているので顔の皮膚や背骨や骨盤に対して負担を減らしいるので
デメリットと感じず、深く考え込まくても大丈夫です。

 

横向き寝の左右の違い

横で向いて寝るときは実は左右によって体に出る影響が違います。
影響と言ってもどちらにしても良いことばかりですよ

 

  • 右向きの場合
  • 右側を下にして横に寝た時には、心臓が高い位置になることで心臓のへの負担が軽くなります。
    また、心臓近くにある臓器のなかでも重さのある肝臓が心臓を圧迫しなくなるのでダブルで心臓の負担を軽減してくれます。

     

    ほかにも食べたものを消化してくれる胃は左側に大きく膨らんでいるので右側を下にすることによって
    左側に食べ物が溜まることなく胃全体で消化吸収の動きをしてくれます。

     

  • 左向きの場合
  • 左側が下の場合は、体の左側半分には重要なリンパ線があり、排出と分泌を手助けしてくれる期待できるため安眠効果が
    高くなります。

     

    また、妊婦さんにおいては胎児の負担も軽減してくれる理想の寝方でもあります。
    実は左側で眠ることは体の右側にある大静脈などの大きな血管を圧迫せずにすむので血の流れを
    良好に保ってくれることから胎児がいる重いお腹に圧迫されることがなく
    十分な血液と栄養を赤ちゃんに届けることができるのです。
    また、横向き自体が気道を確保する姿勢でもあるので妊婦にありがちな低血圧やめまいのリスクを軽減してくれます。

 

横をむいて寝るときの工夫と方法

横を向いて寝ることは実はメリットだらけとも言えますが、
仰向けで寝ていた人がいきなり横向きで寝るとなるとなかなか寝付けなかったりしますよね。

 

横向きで寝るときの工夫と方法として
タオルやクッションを腰の下や膝の間にはさむことで楽横向きで寝ることができます。
横向きで寝ることに慣れてない人は実際に、横向きになって寝た時に違和感や痛みを体に感じる可能性があります。

 

タオルやクッションを腰の下や膝の間にはさむことで体を支えることになり楽に寝ることができます。
今まで横向きで寝ていた人も負担を腰や膝の軽減することにもなるので、より良質な睡眠をとることができると思います。

 

まとめ

 

ただ、睡眠において一番重要なのは自分が快適な睡眠をとれるかどうかです。

 

左右どちらかがダメという訳ではないので自分が一番寝やすい姿勢で寝るのが一番です。

 

 

まとめ
横向きで寝るときは右にしろそれぞれ体にでる影響は違い、メリットデメリットが存在しています。
左右どちらかがダメという訳ではありませんが、自分が一番寝やすい姿勢をとることも
睡眠においては大事な要素です。

 

左向きのほうが寝やすかったり、右向きのほうが寝やすかったりと人さまざまなので
眠りにつきやすい方法を探してみてください。

 

また、横をむいて寝るときに必要なのは枕の高さや固さもですが
いちばん重要なのは自分と枕の相性です。
いくら口コミの評価が高かったり値段が安かったり高かったりしても
体に合わず寝つきが悪くなってしまっては元も子もありません。

 

枕の使い心地は人それぞれなのでランキングで紹介した枕だけでなく
自分にあった横向き枕を見つけて良い睡眠時間をすごしてくださいね。